日本卸電力取引所(JEPX)電力取引価格高騰に関する重要なお知らせ

お客様各位

平素より「ながの電力のでんき」をご愛顧いただき誠にありがとうございます。

昨年末2020年12月26日から今月2021年1月にかけて連日、日本卸電力取引所(以下「JEPX」)での電力価格(以下「市場価格」)の「急激な高騰」が続いております。以下に、弊社としての見方および対応について、簡略ながらまとめさせていただきました。ご参照いただければ幸いです。


「ながの電力のでんき」の料金はどう決まっているのか?


弊社は自然電力株式会社(電力小売事業者)の取次事業を行っております。自然電力株式会社が電力小売事業者として電力卸取引市場(JEPX)より「電気を買う費用」を支払って電気を調達し、ながの電力が取次事業者としてお客様にお届けしております。この「電気を買う費用」は、電気をつくる側から販売される電気の量・価格と、ご家庭に電気を販売・提供させていただく小売電気事業者の希望購入量・希望購入価格が一致する点(均衡点)で決定される「市場価格」にもとづいています。つまり、「電気を買う費用」は常に変動しています。

「ながの電力のでんき」は、この「電気を買う費用」を含む従量料金(使った電気の量によって請求される金額)に基本料金と再エネ賦課金を加えた金額を利用者の皆様にご請求させていただいています。


何が「急激な高騰」の原因なのか?


弊社の調査によると、国内発電量の大部分を占めるLNG(液化天然ガス)火力発電所が利用するLNGが複数の理由で不足しており(※)、これを主な要因として市場で販売される電気の絶対量が減少していると思われます。LNGは長期保存が難しく、事前の想定を上回る需要に応えることが難しいとされています。

また、相次ぐ寒波で暖房用電力の需要も急増しています。このように、需給両側面の事由により、急激な価格高騰が続いていると考えています。


1月の電気料金の見込みと弊社対応


弊社内で検証した結果、1月の市場連動価格を参照する範囲では、現時点で、前年と同量の電気を利用した場合、お客様に請求する電気料金が大幅に増加する可能性がございます。弊社による各専門家へのヒアリング等の情報では1月中は現状が継続する可能性が高いとされていることから推測しています。

さらに、来月2月以降も、予断を許さない状況であると考えています。

このような状況を鑑みまして、弊社としましては、12月26日以降1月末までの高騰期間における環境価値を購入する費用を除く「事業を行う費用」についてお客様に請求しないこと(ながの電力としての実質利益ゼロ円)として、対応させていただきます。

また、今後の調査や価格動向の変化に応じて、定期的な情報発信についても検討を進めてまいります。


お客様へのお願い


ご契約者様につきましては、「明日のでんき速報」という形で利用日前日より、時間帯別の電気料金単価をマイページでご確認いただけます。

厳しい寒さが続く状況であり、大変お願いしにくい内容ではございますが、お客様におかれましては可能な範囲で節電や電力利用時間帯の移行にお取り組みいただけますようお願い申し上げます。

ご不明な点・お気づきの点がございましたら、下記カスタマーサポートまでにご連絡いただければ幸いです。

【カスタマーサポート】


TEL:0120-121-851
営業時間:9:00〜17:30 (平日のみ)

※ 現在問い合わせが集中しており、お電話がつながりにくい場合がございます。お電話が繋がりにくくお待たせしてしまいますのでご不便をおかけいたしますが、「お問い合わせフォーム」をご利用いただくことも併せてご検討いただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。

以上


【ご参考:市場価格高騰の背景に関する報道(例)】
LNG供給や電力需要の逼迫に関する昨今の状況について触れられています。

2020年12月15日付日本経済新聞「LNGスポット一段高 パナマ通航に遅れ」
2021年1月6日付日本経済新聞「東電、企業の自家発電から電力調達へ 暖房需要の急増で」